Logicool MX Master スクロールホイールのゴム交換

19071601.jpg

壊れたと思って「MX Master 2S」を買ってから放置プレイしておりました嘗ての愛用マウスである「MX Master」ですが、そろそろ会社用PCで社会復帰をさせてやりたいのですが、いかんせんホイールのゴムがベトベトになっており、ホイールを回す度に人差し指がベトベトになるのは避けたい所。(しかも良く見ると緑青まで…)

「じゃあゴムを交換すればいいじゃん!」

「できるかな?」

「やってみよう!」


と、急に思い立ったのでやってみました。

19071602.jpg

まずはホイールASSYを摘出。
分解方法に関してはググると先駆者の方が丁寧に解説して下さっているので、其方を参照下さい。

19071603.jpg

因みにバラしていくと小さいスプリングが数箇所存在しますので紛失しないように注意。

19071604.jpg

透明のフレームからホイールを摘出。
ホイール摘出は結構難儀しまして、壊れない程度にフレームを広げてやって何とか外れました。

そしてベトベトのゴムをカッターで除去して、イソプロピルアルコールとキムワイプで糊と緑青を除去します。

そして2箇所ある溝の内1箇所のゴム溝を計測するとこれ位。

 ホイール溝径 : 約22mm
 ホイール幅 : 約1.5mm


器差がデカく調子が悪いデジタルノギスで測ったので「おおよそ」ではありますが。

19071605.jpg

そこで交換ゴムとして、私は水回りのOリングをチョイス。2個入りってのも嬉しい。
3つばかり買ってきましたが、結局使ったのは写真左の「内径17mm・太さ2mm」のパッキンです。

19071606.jpg

そしてホイールに新しいゴムとなるOリング装着。
しかし径が太すぎた為、透明のフレームに接触してスムーズに回ってくれません。

19071607.jpg

「だったら削れば良い」って事で、800番台サンドペーパーで痩せさせます。

19071608.jpg

25.4mmでもギリギリ接触してしまうのでやり直し。
結局25.1~2mmまで削って接触は無くなりました。

19071609.jpg

再組立途中の図。
Oリング表面を削った事で艶消しになり、見た目も純正感が出て良い感じ。

19071610.jpg

組立完了。
自画自賛になりますが、材料費150円で済んだので我ながら良い仕事が出来たと思います。

しかし分解時に隠れネジを外す為にソールを剥がしたのですが、ソールを思いっきり曲げたり切ったりしてしまったので何とかせねば…「カグスベール トスベール」で形取りして作るか?

テーマ : マウス
ジャンル : コンピュータ



コメント

非公開コメント

プロフィール

AERO

Author:AERO
1986 YearModel(後期型)の毒男、長崎の片隅で地を這うかの如く生息。文章からデムパが出ている事必至なので被り過ぎににご注意下さい。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My WCG
写真機材