初めてのスマホ手帳ケース

18051201.jpg

左 : PLATA Xperia XZ Premium ケース 手帳型 市松模様 ブルー
右 : 京のれん手帳型ケース XPERIA XZ Premium 桔梗

スマホデビューをして約9年、遂に私も手帳ケースデビューしました。
と言うのも、XZ Premium用の液晶フィルムに「コレ!」と言うのが無く、探して・試してにいい加減疲れてきたのもあるので、手帳ケースのフリップで液晶保護を代用しようって事で導入しました。

まずは写真左側にあるPLATAの手帳ケースを購入。
Amazonにて1,300円程で購入出来る奴ですが、これが値段の割に素晴らしい。チープさをさほど感じさせない市松模様・マグネット内蔵フラップの吸着具合の強さ・スタンドにもなる背面構造・脱着しやすい内蔵TPUケース…と、お値段以上の出来だったので「良い買い物だったな~」と思っていました。

18051202.jpg

…が、使っているうちに臭くなってきました(汗)
PUレザー特有に匂いなのかは分かりませんが、私には「ションベンの臭い」としか思えない悪臭に一気にトーンダウン。しかもカバーを装着した状態でスマホを操作していると、手に「ションベンの臭い」が移ってしまうと言うイヤガラセ機能まで発覚。約1ヵ月の間に酔った勢いで「防水スマホだから大丈ブイ!」とか言ってションベンをかけた記憶等も無いので、素材そのものの匂いなのでしょうね…。

一度オレンジ系台所用洗剤と流水で洗ってみましたが、焼け石に水だったので買い替える事に。

18051203.jpg

次に選んだのは京のれん風のケース。
PUレザーは臭いのトラウマが備わったので、繊維系のケースを選定。京のれん風ってのが私は存じ上げないのですが、ジーンズに似た様な風合いです。縫い糸が一部余っていたりする部分もありましたが、ハサミでカットして一件落着。変な匂いも今の所は無く、無臭で快適に使えています。

18051204.jpg

京のれん風ケースの難点は、電源ボタン兼指紋センサーが押し難い所でしょうか。
ケースに取り付けられている黒色TPUケースが内側気味なので、ケースと親指が接触して指紋認証し辛いのがアレです。とりあえずは暫く使ってみるとケースも感覚も馴染んでくるかとは思いますので、このまま使ってみる事とします。

しかしXZ Premiumはアクセサリに恵まれないねえ…。

テーマ : スマートフォン・ケース
ジャンル : 携帯電話・PHS



コメント

非公開コメント

プロフィール

AERO

Author:AERO
1986 YearModel(後期型)の毒男、長崎の片隅で地を這うかの如く生息。文章からデムパが出ている事必至なので被り過ぎににご注意下さい。

最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近のトラックバック
最近のコメント
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

My WCG
写真機材